【川越市】川越の近代建築を紹介する書籍『川越の建物 近代建築編』が発売!

2021年5月31日、仙波書房から川越の近代建築を紹介する書籍『川越の建物 近代建築編』が発売されました。
2021年5月に発売された『川越の建物 近代建築編』

こちらは川越の近代建築21 カ所を写真、イラストを用いて紹介した書籍です。
『川越の建物 近代建築編』の案内

書籍内では以前、埼玉りそな銀行川越支店として営業していた建物などが紹介されています。

『川越の建物 近代建築編』で紹介されている旧埼玉りそな銀行川越支店

仙波書房の公式サイトによると「各建物の紹介ページ扉絵にはアニメ制作会社 feel.(フィール)の協力、背景制作会社プロダクション アイによるイラストを使用」とのことです。
川越の建物を紹介する書籍、少し珍しい内容です。どのような経緯で出版の運びとなったのか、気になる人も多いでしょう。そこで出版社の仙波書房の代表・神谷利一さんにお話を伺いました。

『川越の建物 近代建築編』を出版しようと考えたきっかけは?
「私は趣味で建物模型を制作していて、その過程で川越の建物に興味を持ったのがきっかけです。建物模型は何度も現地を訪問して制作しています。そうしているうちに川越の建物に魅入られ、その魅力を私だけではなく、多くの人に届けたいと思うようになって書籍の発売を決めました」
あらためて『川越の建物 近代建築編』のみどころを教えていただけますか?
「本書は建物の専門書でなく、やさしく紹介する建物の入門書のような内容です。類書には東京都や大阪府などの大きな区分での建物紹介が多いなか、あえて川越市という一つの街に限定にしました。また、内容面でもいろいろと工夫をしていて、その一つが建物紹介の扉絵をイラストにしたことです。イラストはアニメ制作会社によるもので、その空気感は写真とは違う魅力があると思います」
確かにイラストがきれいです。
「本書を読めば近代建築を好きになる……。そのような一冊を目指しました。なお、本書に掲載しているイラストについては、2021年6月1日から8月31日まで川越駅東口の『川越マイン』の3階で原画展が開催されています。こちらもお楽しみいただけますと幸いです」

神谷さん、このような素敵な書籍を出版していただき、ありがとうございます。なお、『川越の建物 近代建築編』は全国の書店や『Amazon』などのネット書店で好評発売中です。

『川越の建物 近代建築編』に掲載されているイラストの原画展が開催されている『川越マイン』はこちら↓

2021/06/05 07:20 2021/07/23 20:49
編集工房水夢
ジモネタ川越市
号外NET他の地域

地域ニュースサイト号外NETの昭和な記事を集めました:昭和レトロのナウいニュース

編集部スタッフが読んでよかったと思う地域ニュース:トピックス

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら

号外net 全国で地域ライター募集